モデルさん・スタイリストさん・ヘアメイクさん募集しております。
たまにテーマを決めて撮ったり、でも基本的にはお散歩しながら
自然な笑顔を撮れたらな、と思ってます。
まだ初心者ではありますが、一緒に楽しみながらできる方
のんびりお待ちしておりまーす。



スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

ご縁で来た子です。
Aというグループのファンで知り合った方から譲ってもらったNewFM2。ブラックボディは「マニア」っぽい感じがして気恥ずかしいので、本当はシルバーかチタン(チタンは高い)がいいなあと思ってたのですが、格安で譲って頂けるということでお願いしたもの。(でも最初はOMを考えてたんだよー。もし買えてたら本当に手持ちがオリンパスばっかり…!!)
Nikon NewFM2<ブラック> 後期型
程度:AB- 位?
精度:問題なし。現在のところオーバーホールも必要なし。
外観:底部、裏蓋開閉部に軽いスレ、ペンタ部にスレと軽い打痕、
巻き戻しクランク横に打痕と軽いペイント剥げ
付属品:ボディキャップ、アイピース、使用説明書
価格:¥20,000.-¥15,000.-
最初はニコマートとレンズを譲ってもらってたんですが、この子を迎えるにあたり別のAファンの友人に嫁に出しました(笑)で、新たにNewFM2を手に入れた、と。しかしボディだけで譲って頂いたので、その後はフジヤカメラで50mm・1.4fのレンズを買いました。確かこの時期はNikonがマニュアルカメラ撤退のニュース後だったんで、ちょっと値上がったり品薄気味だったような…。でで、店で選んでこれをー!と思ったらレジ精算時にお店の人が思いきり床に落とす失態(ぎゃー)そのおかげで?2000円引きで買えましたが。

たぶんいまのとこ支障ない…はず。
たまにピントが甘いのは己の腕の無さなはず。

レンズがいくらだったか失念したけど、2万は切ってると思うからートータル35,000円↓くらいか?ありがたやありがたや。その後準広角と中望遠をまたお安く譲っていただいたのであった(笑)
ありがたやありがたや(しかし使いこなせておりませんが!←)


一眼は「撮りたいものをチャンスロスせず撮れるように」と思って買ったもので、いまはもっぱらこれになってるという。
最初はsignetで勘露出(勘!)で手さぐりに。次にPENで自由度が少なくて悶々とし、結局本来欲しかったPenFを購入するに至る(もももも、もったいない)わけで、PenFは欲しくて手に入れた子だから大好きなんだけど、今ちょっと出番が少ない。
軽くていいんだけど、私の持ってる子はやたらめったらシャッター音がデカい(がくう)割と音がしちゃうらしいんだけど、それにしてもちょっとでかい。(あ、写真教室でPenFT持ってた人に音を聞かせてもらえば良かった!)なので、静かな場所には不向きだったり。あと動物とかね。絶対シャッター音にビビって逃げる(笑)

OHはしたんだけど、シャッター音はかわらなくて(つか、ひどくなってたりしてね)なんだかもう一台くらい欲しい気がするんだけど…折からのカメラブームで値段が高騰してそう…。NewFM2の露出計に慣れちゃうと、露出計なしのPenFは正直ドキドキしちゃう…人間楽はすぐに覚えていかんね(しくしく)
今度久しぶりにPenも使ってあげねばならぬな。ストラップも新しくしたんだしー。


それを言ったらsignetもだけどさ。


あとは寄れるレンズがあれば、欲しいのはあんましないかなー。
まあ、ゆるい願望としては「二眼」とか「6×6」とか、例にもれず「ポラ」とかね、あるけどね。うん。台数増やしても持て余しちゃうだけだから!今の台数で持て余してるんだし。と、ゆるい私は思うのです。
Signet 35
*1号機のこと。


さて、カメラは何を買おう?

と考えてた頃、マップカメラで偽ライカ同盟のトークショーがあり一人で頑張って行きました。で、トークショーの本題とは全く違う、見に来ていた角野さんが「ハワイで落としても大丈夫だった」と言ったことで俄然興味が出たのがこの子。

よーく考えると、角野さんが落としたのは軍用Signetなんですけど。


まぁ、そんなこんなで「Signetはどこだ」と文字通り歩き回りようやくゲットしたものの(新宿〜四谷〜新宿)使い方などなどで四苦八苦。(そしてちょっと割高だったかも…)ストラップにも難儀して、京橋近くの小さいカメラ屋さんでライカ用のストラップを好意で改造してもらい、なんとかとりまわしの便利な子になりました。…まぁ、出会いがしらに弱いので(笑)動物などは向いてませんが。でもレンズがいいから大事にしてね、っておじさん(※ストラップ作ってくれた)に言われたので大事にしたいと思いますー。でも最近出番無し………

この子だけレンジファインダーだわ。
Photo imaging Expo 2005
almiさんに誘われて行ってきました。

いやー想像通り真ん中様ファンの多いこと!(それでも想像より全体としての
人数は少なかったけど)ブースに入るときに「我先に!」ちう
おばはん根性に辟易。いきなり萎えましたがな。

で、内容としましては「欲しいよ、R-D1!」って感じで。
最初はねー、ちょっと「偽らいか同盟」語ってながらデジカメってどーよ?
って好戦的な眼差しで見ていたのですが

確かに面白い。

色々レンズを替えてしかもその場でそのレンズの特性が判るってのは
確かに面白い。
しかし高い。(さんじうまん!せれぶカメラ!)
そして私は外せるレンジファインダーカメラのレンズを持ってません。
激しく無意味です。

一番「うっきゃー!ヤルなぁ!」ってのはデジカメの癖に巻き上げがある
ってこと。お茶目極まりない。


あとは「東京人」掲載の写真はどーも色が薄いなぁって思ってたら、やはり
彼の人はプラス1/3補正なさってたそーですよ。
塩銀カメラも常にプラス補正。それにひきかえ長徳さんはマイナス1/3補正。
レンズの特性の違いもあれど、そこで写真の雰囲気ががらっと変わる訳ですね。
ワタクシも酷く開放マンセーな人なので、その場で崩れ落ちそうでした(笑)
うーん、もうちっとこれからは絞り気味で参りたい次第。

いやはやしっかし日本人のカメラ好きってどーゆーDNAの関係なんでしょうか。
教えてえらいひと!