<< むーん / main / たかがフィルム、されどフィルム。 >>
モデルさん・スタイリストさん・ヘアメイクさん募集しております。
たまにテーマを決めて撮ったり、でも基本的にはお散歩しながら
自然な笑顔を撮れたらな、と思ってます。
まだ初心者ではありますが、一緒に楽しみながらできる方
のんびりお待ちしておりまーす。



スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Photo imaging Expo 2005
almiさんに誘われて行ってきました。

いやー想像通り真ん中様ファンの多いこと!(それでも想像より全体としての
人数は少なかったけど)ブースに入るときに「我先に!」ちう
おばはん根性に辟易。いきなり萎えましたがな。

で、内容としましては「欲しいよ、R-D1!」って感じで。
最初はねー、ちょっと「偽らいか同盟」語ってながらデジカメってどーよ?
って好戦的な眼差しで見ていたのですが

確かに面白い。

色々レンズを替えてしかもその場でそのレンズの特性が判るってのは
確かに面白い。
しかし高い。(さんじうまん!せれぶカメラ!)
そして私は外せるレンジファインダーカメラのレンズを持ってません。
激しく無意味です。

一番「うっきゃー!ヤルなぁ!」ってのはデジカメの癖に巻き上げがある
ってこと。お茶目極まりない。


あとは「東京人」掲載の写真はどーも色が薄いなぁって思ってたら、やはり
彼の人はプラス1/3補正なさってたそーですよ。
塩銀カメラも常にプラス補正。それにひきかえ長徳さんはマイナス1/3補正。
レンズの特性の違いもあれど、そこで写真の雰囲気ががらっと変わる訳ですね。
ワタクシも酷く開放マンセーな人なので、その場で崩れ落ちそうでした(笑)
うーん、もうちっとこれからは絞り気味で参りたい次第。

いやはやしっかし日本人のカメラ好きってどーゆーDNAの関係なんでしょうか。
教えてえらいひと!
スポンサーサイト