<< Photo imaging Expo 2005 / main / スクリプト! >>
モデルさん・スタイリストさん・ヘアメイクさん募集しております。
たまにテーマを決めて撮ったり、でも基本的にはお散歩しながら
自然な笑顔を撮れたらな、と思ってます。
まだ初心者ではありますが、一緒に楽しみながらできる方
のんびりお待ちしておりまーす。



スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

たかがフィルム、されどフィルム。
フィルムを何にするか。
最近またちょぴっと頭の隅にこの難題が頭を掠めるようになりました。
最初授業でやったときは、それこそ高かろうが変わった感じのものを
チョイスしてみたりしました。
(勿論授業指定のフィルム、タングステンだーなんだーとかだけど)
が、めっきり今は安いの万歳!であります。だって庶民だもん。

でもさー、もし、フィルムチョイスで色々変わるならやっぱりチャレンジ
したいのが人と言うもの。業が深い(うんむ)
…まぁ、まずはそのフィルムの標準的な色や再現度を自分自身が
出せることが前提ですけどもね(おほほほほ)

行き当たりばったりじゃ、フィルム変えても所詮行き当たりばったり…


あれ、あれ。
よくおされ雑誌(雑貨ものとか北欧ものとか、お洒落な写真雑誌とか)
で使われてる微妙な色合いのあれってば、フィルムなの?印刷段階での
加工なの?
類にも漏れず、あーゆーのも好きだし(なんか仄寂しい感じがタマラン)
蜷川実花に代表されるあんな色合いも出してみたい気もする。
出してみたいだけで、あーなりたい、とかゆーのとは違うけど。
「どうすれば」「そうなるのか」
に激しく興味があるのであった。

忘れてなかったら(まるで若年性健忘症な私)明日聞いてみよう、
そうしよう。
スポンサーサイト