<< ハマり中アプリ。 / main / COFFEE STAND >>
モデルさん・スタイリストさん・ヘアメイクさん募集しております。
たまにテーマを決めて撮ったり、でも基本的にはお散歩しながら
自然な笑顔を撮れたらな、と思ってます。
まだ初心者ではありますが、一緒に楽しみながらできる方
のんびりお待ちしておりまーす。



スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

自分の愛用カメラでかわいい写真を撮る講座

EOS 5D + TAMRON 28-75mm F/2.8

第1回     3/19(土)     16:00〜18:00     “かわいい写真”のしくみ、撮り方、見方を学ぶ
第2回     4/16(土)     16:00〜18:00     トースト写真の撮影デモンストレーション
第3回     5/21(土)     16:00〜18:00     写真を撮りながら散歩する
第4回     6/18(土)     16:00〜18:00     写真の見方、選び方を学ぶ
第5回     7/16(土)     16:00〜18:00     ミニ写真集(ZINE)を作る

先月が地震のため中止となり、今回が一回目となった、長嶺先生のかわいい写真を撮る講座。
友人にもお勧めされ、カメラ日和の編集長にもお勧めされた長嶺先生。期待と不安の入り交じった第一回でありました。(まあ、いつもだけど)


今回はいつもより「初級講座」感が強めのクラスでありました。
今まで「これ初級じゃねえよおおおおお」という雰囲気が多かったけど、今回はカメラを始めたばかりの方が多かったように見受けられました。私も撮り始めてからは長いけど、たいしたことはないので同じ気持ちでありますが(笑)

常日頃思っていた「見せてなんぼ」ということを長嶺先生もおっしゃってたので、ああ、間違いじゃなかったのだ…とじみーに感動(これは、同人誌をやってた頃からのポリシー?だったんですよね。どうやったら絵が上手くなりますか?って質問を頂いたりしたことがあって「とにかく描いて人に見せることをやるといいですよ」っていつも答えてました。恥ずかしいんだけど、それが一番早かったように思います)
上手くないから、見せるのは恥ずかしいけど、見せることによって「伝えたいものが伝わっているのかどうか」とかそういうことを客観的に感じて次に繋げることができるので、すごく大事だと思います。もし、そう言った具体的な感想が聞けなくても、見せている時に冷静に自分の中で考えることもできるし(目の前で見てもらうのが一番いいと思うので、あましブログは意味が無いかも知れない。ゼロではないけど)


あと先生が「いまみんなは「かわいー」と言ってシャッターを切っているでしょう?そしてそれをプリントせずにそのまま置いておいてる。それは走り書きのメモのようなもの。それを清書してまとめ直す作業をしましょう」と仰ってました。

清書してまとめ直す→ニュアンスや空気感を出す。

そうです、一回に数百枚撮っちゃうので、膨大な走り書きが手元にはありまして(笑)そこから清書してまとめ直す作業が正直追いついていません。
本当は一番ここが好きな作業は筈なんですけど。あまり頻繁に撮る人じゃないので、時間はある筈なんだけどなあ…あれえ?
プリントの大事さがまたこう、ぎゅーっときましたねえ。やっぱり写真というのは「プリントした所まで辿り着いて写真」なんですよね。補正してデータを完成させたとしても、それは写真じゃない気がする。

古い考えなのかも知れないけど。

周りがポートレートづいてるので、私もポートレート撮りたくてたまらないSHOW!DO!なのですが、どうしてもお休みがみんなと合わず人を撮ることが困難な今日この頃。
(友達が少ないとも言う)
立ち返って、人以外を撮るのもいいのかな…
とか思い始めました。


私にしか撮れない写真を撮る、その入り口がこの講座で見つけられたらいいなあと思います。

かわいいけど、の「けど」がある方がおもしろい。

この言葉をしっかと抱きしめて。






そうそう、先生のトーストシリーズがですね、雑誌に載ってた時にも思ったんですが大好き過ぎてZINをこっそり持って帰りたくなりました。なんだろうあのエロさ。生々しさ。生命力のある感じ…!!!!大好き過ぎた!!!(興奮)フラッシュで食べ物撮りたい。先生、あれまさにパンクです(笑)(この日、私の隣の受講生に「パンク」「パンク」を連発していました(笑)確かにカメラ日和風な生徒じゃなくて目立ってましたねえ〜。コップレイヤーかと思いましたもの(それもどーかと)かっちょよいです)ああいう生々しい食べ物写真撮りたい…!こっちが食われそうなくらいの食べ物!!!!(ふごふご)
私、もともと男っぽい写真ばっかりだったものなあ。てらてらぬめぬめした感じの写真とかNikonぽい感じのとか。小倉&平野教室に行ってから少し変わった気がする(このとき持って行った写真も一人男っぽかったのでした…)
どっちも撮れるキャラクターになりたいです。誰が撮っても一緒のハヤリの写真からの脱却がしたい…いや、ハヤリの写真すらまだ撮れてない身ですけどネ…!!!!!!てへ!

先生がピーカン不可って言った時に、脳内では「ピーカン不許可!」「頭上の余白は敵だ!」「世はなべて三分の一」「トライXで万全!」が駆け巡りました(笑)たわば先輩ー!!しかしながら先生、多分「ピーカン」では伝わらないと思います、初級クラスでは…。

memo*contax TVIII










スポンサーサイト