<< p-017/ sunday snap:三軒茶屋 / main / ストラップ >>
モデルさん・スタイリストさん・ヘアメイクさん募集しております。
たまにテーマを決めて撮ったり、でも基本的にはお散歩しながら
自然な笑顔を撮れたらな、と思ってます。
まだ初心者ではありますが、一緒に楽しみながらできる方
のんびりお待ちしておりまーす。



スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

きっかけのこと。
だらだらと思い出しながら書いてみる。
環境もあったのかなーとは少しだけ思う。

兄が戦闘機好きでそれを撮りたくてカメラを持ってて、でお古が父にいって、私にきたと。兄がCanon EOSを使ってたので、まあCanon派だったとも言えなくもないけどNikonだったらNikonだったのでしょう。あんま好きとか嫌いとかは無い。ただイメージが
Canon→ナイジ
Nikon→R田中一郎(オタク)
ってだけです。基礎知識は究極超人あ〜るですが、何か。

で、自分が撮られるのが嫌いで、旅行に行っても一切同行者の入ったものはとらなくて(後姿とか・何かしてる姿なんかは別)そういうスタンスは高校時代から。写真は好きでも嫌いでもなく。ただ「よっぽど上手い人(プロとか)が撮らなきゃ、誰が撮っても一緒じゃね?」とは思ってた。

で、大学の授業で(工芸デザインコースの、広く浅〜〜〜くの授業の中のひとつ)写真の授業があって、初めて「お・もしろーい」って思ったんだと思います。とりあえず写真の歴史とか簡単な仕組みの勉強などの座学とあとは実習。カメラはコンパクトカメラでも一眼レフでも、無きゃ使い切りカメラでもいいわよ。というゆる〜いもの。
ワタシは兄のお下がりのEOSを抱えて行きました。これがね、ワタシってば周囲の目を気にする人だからさ、コンパクトカメラを持って新宿周辺を歩くと「おのぼりさんと間違われそうで、いやー」とか思ってたわけですよ。実際おのぼりさんと変わらないくせに!で、一眼レフなら「授業?」みたいに思って貰えるかな〜という、そんな自分を安心させる程度のチョイスなんですけど。
まあ、オドオドしてシャッターチャンスを逃すなら、自己満でもカメラを向けるのに躊躇わないほうがいいですからね。いいっちゃいいけど、なんか小さいわあ、ワタシ(笑)

で、「各種フィルムで好きなものを撮り(物でも風景でも)、プロラボへ行って現像する」っていう課題をやりました。ポジだのネガだのタングステンだの。朝だの夕だのわざと蛍光灯で撮るだの。プロラボではスリーブじゃなくマウントでお願いするとかね。ダーマートも買ったっけ(ダーマートはコレのためじゃなくても日頃使ってたりしたけどさ)


そんな私、最終の発表の時に「ちょっと」先生に褒められて調子にのったのがきっかけなのかもしれません(たんじゅーん)あとポジの美しさにヤラレたのと。課題を撮り歩いてて、カメラを持つと何気なく歩いてる場所が「面白いものの宝庫」だったりして、そんな不思議な効果にも面白さを感じたように思います。
誰にでも撮れるからこそ、そこから一歩抜きん出るのはとても大変なこと。実はカメラのファインダーを覗くより「自分の目で見たほうがすごいものって多いんだ」ってこと(矛盾してる?)を感じたり、なかなか奥が深いです。

好き、と言う割に目指すところとか好みとか全くなくて、そんなんじゃ成長もへったくれもないなーと凹む今日この頃。それでも、まあ、ゆるゆると続けていけたらなあと思いますですよ。撮る写真はゆるくても、もちょっと自分の好みとかハッキリさせた方がいいよな。うん。
スポンサーサイト