<< 紙 / main / しかく >>
モデルさん・スタイリストさん・ヘアメイクさん募集しております。
たまにテーマを決めて撮ったり、でも基本的にはお散歩しながら
自然な笑顔を撮れたらな、と思ってます。
まだ初心者ではありますが、一緒に楽しみながらできる方
のんびりお待ちしておりまーす。



スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

劇的ビフォーアフター

山梨の旅で撮ったこの写真(うだこさんちょーカワエエ…)9本の色んなフィルムをごった煮で!だったんですけども、室内・室外の差だったのか…この外での写真は白い部分が全体的に赤味に寄ってまして、なぜかピンク色のお衣装に。
しゃああんめえねああ〜
と思ってたのですが、今回「カメラ日和学校・“大切に残したい一枚”に仕上げるために。お店プリント講座」by 小倉優司せんせい に参加して、これを補正プリントして頂きました。

しょーじき、ギリギリまでどれをやろうか悩んでたくさん持っててたんですが、一番変化のありそうなコレにしてみました。コレ用に「星の王子さまミュージアム」で撮ったんですが、メリハリパッキリな写真が多くてそれを「どうしたいか」っていうイメージが湧かなくて…(あくまで「自分でイメージして、それをラボに(この場合先生に)指示する」という実習なので)

室内での白いうだこさんも…とも思ったんですが、白の中でどう変化させるのかも、また白いバックで白い衣装なのでこの微妙なバランス感も難しいかなあ〜とか思ったりして(元のフィルムが綺麗に撮れてれば、ある程度"トビ"はフォローできるみたいですが)色味が変に転んでしまってるコレにした訳です。

前置き長い。



このあまりのピンクさに「パレード」だと思い込んでいたのですが、なんとセンチュリアでありましたよ。あー、びっくり。(当時まだパレード禁止令が出てなかったので(現像液が濁るとかどーとか)9本一括でローソン現像に出しました)

で。この写真をどうしたいか、先生に伝え、一緒にフロンティアのモニタを見ながら黄味を足して…とか補正を行っていきました。オーダーとしては「この晴天下のコントラストの強さを消し、ファッションフォト風なちょっとお人形さんのような感じで生々しさを消し、幻想的な感じで」というものです。(だから長い。)お人形さんと言っても冷たい感じは嫌だったので、あまりBとかCは使わない方向で。
まずは初回2Lで色補正のみを行い、それからトリミングを行いました。一応シャッターを切ってる時点で構図は考えてますが、より理想的な構図にするために微調整を。
左側の傘の縁とバックの緑が微妙なので、緑をギリギリの位置で切り、左上への視線を生かすためになるべく上を空けるようにし、また下をどのラインで切るかを思案し。
この下の切り取りが悩ましかったです。肘のラインをどこまで生かすか。

先生と話し合いながら決定。

色はもう、目に見えて違うのでそれもそうなんですが、トリミングの威力もすごいなあと思いました。トリミングは悪!とまでは思わないけど(笑)やっぱりファインダー覗いた時点で構図は決めておきたいなあ…という気持ちがあったので(後加工って、その気になればなんでもできちゃうから)今までほとんどやったことがなかったのですが(写真を素材として使う以外)「何を伝えたかったのか」を明確に表現するために、ためらいは要らないのだな。と思いました。



小倉せんせいは以前お会いした時とおんなじに、写真に対しての愛情をすごーくたくさん伝えてくださいました。
「写真を撮って、同時プリントに出す。そこで皆さんは終わりと思ってるかも知れませんが、それはまだ野菜を収穫したのと同じなんです」
「素材を生かした料理をしましょう」
「素晴らしい写真家さんの写真を見て、センスを磨くのももちろんいいんですが、もっと自分の撮った写真たちをじっくり見返して下さい。」
「写真を撮った時の気持ちを思い出し、それを写真でどう表現していきたいか、よく考えてみて下さい」
おちゃめなおしゃべりの合間に、素敵な言葉がたくさん挟み込んでありました。

「同時プリントで上がった写真で"ああ…失敗した…"って思って、そこで自分が悪いと反省したりそこで終わっちゃったりしてるかも知れませんが、プリントで変わることもできるし、そのプリントは平均値での現像であって、実際は素敵に撮れてるのに「失敗した」そう思い込んでいるだけなんですよ」


実際、わたしもこの写真は「あっちゃー、ひどいな」で終わりにしてたんですが、こうまで生まれ変わる様を見て、考えを改めようと思いました。最低限露出の正しさとかがないと、プリントの限界もあるんですけどね(笑)
とはいえ、なかなかここまで読み込んでもらえるラボマンのいる写真屋さんがないのが現実ですが………


あとですね、2年前に小倉せんせい&平野せんせいの1日教室に行ったことがあって、でももう覚えてないだろうな〜と思ってたら、小倉せんせいから「あれ…?」って声をかけて貰えて感激でした(笑)10数名もいた生徒の一人だったのに!!!
本当は今年にmoguに行きたかったのですが、もう1ヵ月しかなく(笑)
来年には本当にmoguに突撃したいと思います。
またogura magic(別名:小倉焼き by平野せんせい)を見てみたい!


て、その前に1/11に宿題提出があるんですけどね(笑)
おぶおぶおぶ!!


***追記*****
「撮り上手は撮られ上手」
肝に銘じます。

↑ここの人は写真に撮られるのが嫌いです。
(コンプレックスがあるから)
スポンサーサイト
こんにちは!
カメラ日和学校でお隣の席にいて、帰りもご一緒させていただいた者です。
先日はありがとうございました。

モデルさんのお写真、もう、そのままカメラ日和の表紙になってそうですね。
先生の何気ないトークにも名言が潜んでいたりして(笑)

またご一緒できると良いですね!
とんこ / 2009/12/01 3:45 PM

こんにちはー!
先日はお疲れ様&ありがとうございました♪
この講座は1回のみで、交流を図る間もなく終わってしまって…それが心残りです。
もっとお友達を作りたかったー!!(笑)

先生の愛溢れるお話は相変わらず楽しかったです(笑)
まさか覚えててもらってるとは思わなかったし。

また機会があればとんこさんの素敵写真を見せて下さいねー♪
ダッフィーちゃんのくま日和も良かった…かわゆかった…
イチ / 2009/12/01 4:41 PM

こんにちは!反対側の隣に座ってた者ですw

小倉せんせい 本当にすごいですねー!!
ホント小倉マジックです。
私も もっと自分の写真を愛してあげたいと思いました☆

ichiさんの写真は、ド肝を抜かれるくらい素敵なものが多くて
勉強になりました!ありがとうござます。

またちょいちょいのぞかせてくださいね♪

Rie / 2009/12/02 8:32 AM

Rieさんどうも!!

小倉焼(笑)を体験したくて参加したのですが、想像以上!!!!
宿題も大変だけど仕上がりが楽しみであります。

ド肝て!そんなたいしたもんじゃなかですよ〜〜〜〜(ぐねんぐねん)←気持ち悪い
亀の一歩でも少しずつ前進したいと思っております。
これからもどーぞよろしくですー
大阪に行かれてもよろしくですー
moguに突撃したいので、本当に、ぜひ(笑)
イチ / 2009/12/03 5:28 PM